甘く考えてはいけない肩こり

肩が凝っている、、

こんな症状をお抱えの方々は多いのではないでしょうか?

今日はなんだかこってきてしまう肩こりについてお話ししていきたいと思います。

1.肩こりとは?

世間では肩こりで、話が通っていますが、本来「頚腕症候群」や「頚肩腕障害」が正式名称になります。なんだか漢字だらけで難しそうですが、首、肩、腕の症状(背中も訴えられる方もいらっしゃいます)ということです。

上記の範囲内で、だるさや強張りなど症状がバラバラなことが多いです。

ただし整形外科などでレントゲンなどを撮ってみても、異常があるわけではありません。

そのなんだか曖昧なことを言います。

ちなみにですが、海外の方に肩こりというのはないそうです。なぜならまず単語自体が存在しないそうです。

日本にはかなり色々な言い回しがあります。「だるい」、「重い」などのように何でもかんでもが最終的にはごっちゃになって来てしまって痛みなどへの範囲が広がって来ているように感じます。

 

 

2.肩こりの原因

肩こりの大きな原因の1つには、「筋肉の緊張」と「血行不良」か考えられます。

筋肉が緊張する→血管が収縮する→筋肉疲労が起きる→筋肉内の酸素・栄養不足→疲労物質(痛みを誘発する物質が溜まってしまう)→更に筋肉が緊張するという負のサイクルになってしまい肩こりが起きていると思います。

また頭と腕の関係性もあるように感じます。

頭は4〜5kg(ボーリングのボール位)と腕(4kg)あります。そこに更に重力があります。

取れることはありませんが、ずっと、ず〜っと引っ張られていますよね?地球に。

しかも2足歩行ですから、基本起きてからは腕は「脱力」してぶら下がっています。

ものすごい大事ですのでもう1度言いますが、

脱力」してぶら下がっていますよね?

人間立つのは約1際です。年齢引く1歳すると支え続けてくれている年数がわかります。

基本的には、「女性」の方が症状が出る方が多いです。

本来男性に比べ筋肉量が少ないと言われているからと言われています。

問診時に肩こりなどをあえて聞くことがあります。

何をみて聞いているかと言いますと、「なで肩」があるからです。

撫で肩は通常よりも遠い位置に血管や神経が引っ張られてしまっています。

放っておくと、「胸郭出口症候群」になってしまいますと、上肢(腕全般)のどこかに痺れなどを発症してしまうことがあります。

 

1度手を気をつけの状態にして2分耐えてみてください。

 

なんだかだる〜くなって来ていませんか?

それこそ肩こりと同じようなだるさが場所は違えど出てくると思います。

降ろしてもらうと、腕を振ってみたり、さすってみたり、叩いてみてりしませんか?

これは筋肉を収縮させ血液循環をさせようとしている証拠です。

井戸のポンプを想像してみてください。じっとしても水は流れませんよね?

または上だけや下だけでこちょこちょ動かしてもあまり流れてくれませんよね?

筋肉がなく収縮をあまりしない状態や、あまりお見かけはしませんがいかり方のかたはこのちょこちょこタイプです。トレーニングのように上から下までフル可動できる使い方ができると血液の循環は上がるかと思います。

しかしながら仕事(主にPC作業やスマホ)のように同一姿勢で仕事をしなければいけない方がたくさんいらっしゃいます。

 

3.肩こりの対処法

では次はどうしていけばいいのかをお話ししていきます!

当院ではアキュゾーンセラピーという鍼灸施術をしております。

緊張するにも何か原因があります。

甘いものを食べているのか?

ストレスが溜まりやすいのか?

何かお薬服用しているものがあるのか?

冷えやすいのか?

まずは日常生活での状態や問題を引き起こしている場所を特定しどのエリアが悪さをしているのかをお体の内側から探っていきます。

その悪さをしているエリアの流れをよくすることにより、緊張をとっていきます。

施術前はなんだか首を動かしてみると、「なんか軽くなった」という感想が多いです。

まあ普通であればここで終わるのでしょうが、当院はここからです。

緊張が取れてもまた日常生活に戻ればなりますよね?

はっきり言ってなります。勿論施術だけで変わられる方はいらっしゃいます。

しかしずっと出るかもしれない悩みを抱えて行ってほしくないと思っています。

最初に来た理由が「日常生活」をいつも通り送っていたからですよね?

そしてほとんどというかほぼ全員なので断定して言いますが、筋肉を同一姿勢で行うのは勿論ですが、、、

 

「筋肉が全然ありません」

筋肉と言っても肩こりに関する筋肉の使い方や、その筋肉の「筋力」がないです。

ですので目先の楽を求めるのではなく、先を見据えて「トレーニング」まで繋げれなければいけません。

大抵の方は運動が嫌いだからとおっしゃいますが、その運動で肩こりがなくなると思うとどうでしょうか?絶対に楽しく過ごせると思います。

事実、トレーニングを開始されてしばらく(個人差があり数ヶ月)されてからお聞きしましたらそういえば最近凝ってないという嬉しいお言葉まで頂きました!

 

勿論症状によっては施術からされる方もいらっしゃいますが、最後は「筋肉」がものを言いますので、ずっとスッキリしない肩こりでお悩みの方がいらっしゃいましたら是非1度ご相談ください!

 

 

初心者の方でも無理なくトレーニングに取り組んでみたい方は、ぜひともくまジムへ

 パーソナルトレーニングはこちら

https://www.kumaseikotsuin.com/contents/category/gym/

お身体に不調がある方はBest Body鍼灸院までご相談ください。

Best Body鍼灸院はこちら

https://www.kumaseikotsuin.com/contents/category/clinic/

お問い合わせ TEL TEL
ページ上部へ