首の痛み

首の痛み

首の痛みを鍼灸施術で改善する方法とは?詳しくご紹介

朝起きたときなど、何の前触れもなくいきなり首に痛みを感じてしまうことがあります。首の痛みは日常生活において大きな支障をきたしてしまうので、痛みが発生すると非常に不便な状態になるでしょう。

そんな症状ですが、鍼灸施術によって改善が可能なのです。そこで今回は鍼灸施術によって首の痛みを治す方法や、そもそも首の痛みにはどのような種類があるのかなどご紹介いたします。

1. 筋肉や関節からくる痛み

筋肉や関節からくる痛み

首の痛みは大きく分けて2種類に分かれますが、その一つが『筋肉や関節からくる痛み』です。まずは長時間同じ姿勢を続けてしまうことによって起きる筋肉の緊張で、痛みが発生することがあります。筋肉の緊張状態が続いてしまうと、血行不良を引き起こしてしまい、その結果痛みへと発展してしまうのです。無意識の内に緊張状態が続いてしまうので、首の痛み自体は突然やってきます。

もう一つは『ストレートネック』が挙げられます。近年ではスマホが日常生活において欠かすことの出来ないデバイスとなりました。一日の中でも多くの時間スマホを見ているのではないでしょうか。それ自体は決して悪いことではありませんが、首の形状を変化させてしまう恐れがあるのです。

首は本来S字を描いた状態となり、意外と重い頭を支えつつ衝撃などを吸収しています。しかし、スマホを長時間見る生活によって、前傾姿勢でいることが多くなります。すると、S字を描いた状態が正しいはずの首の骨がまっすぐになってしまい、頭を支えることの負担などがすべて首に対してかかってきてしまうようになるのです。以前まではピアニストの職業病として有名だったストレートネックですが、スマホの普及によって一般層にも多く広まってしまっているのです。

2. 神経の痛み

神経の痛みというのは、なんらかの原因によって神経を圧迫することで痛みが発生してしまうことを指します。
代表的な症状としては以下となります。

2-1. 頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎にある椎間板というものは中身がゼリー状になっており、衝撃を吸収するクッションのような役割を担っています。加齢などの理由によって、その椎間板の中身であるゼリー部分がはみ出してしまい、それが神経を圧迫してしまうことで痛みが発生するようになってしまうのです。

30代前後などの比較的若い年代でも発症することがあり、神経に起因する首の痛みの中でもお悩みの方が最も多い症状ではないでしょうか。そのまま放置してしまうと悪化するだけで改善されることはありません。治療を行い症状が発生しないようにする必要があります。

2-2. 頚椎症

加齢などによって、椎間板のもつクッションのような役割がしっかりと果たせなくなることで発生する痛みです。クッション性が弱まってしまうと、首に対してかかった負担や衝撃が、そのまま頚椎そのものに加わってしまうことになるのです。首の痛みだけでなく手足のしびれなども発生するというのが特徴でしょう。また、脊椎が圧迫されるようなことがあるとより多くの症状が出てしまうので緊急性が高まります。

2-3. 脊椎靭帯骨化症

背骨は多くの数が存在しており、それを靭帯が繋げている状態となりますが、その靭帯が骨化してしまう相乗のことです。骨化すると脊椎を圧迫してしまうようになるため、手足のしびれや首の痛みが出始めてしまうのです。骨化が進行するとやっかいですので早めに相談をするべきでしょう。

3. 首の痛みの原因

首の痛みは痛みの種類それぞれに存在しています。たとえばストレートネックですと、スマホを長時間閲覧することによって前傾姿勢が続いてしまい、その結果首の形状がまっすぐで固定されてしまうということになります。

その他ですと、加齢による影響というのも原因の一つです。年齢を重ねていくことで経験などは豊富になっていきますが、身体的にはすべてのパーツが劣化していくことになります。それは脊椎周辺の骨などに対しても同様となりますので、劣化したパーツが神経を圧迫することで痛みという症状が発生するようになるのです。

いずれの場合も首だけの痛みで終わらないというのも特徴の一つです。脊髄へ加わった圧力によって痛みが発生しているのであれば、脊髄には非常に多くの神経が通っているため干渉しやすく、神経への抵触が痛みを引き起こしてしまうでしょう。

4. 鍼灸による首の痛みの改善方法

いかなる首の痛みであっても、鍼灸の施術によって効果的に改善へと導くことが可能です。

全身には数え切れないほどの痛みや衝撃が加わることもあるでしょうが、生まれた痛みをツボへのアプローチによって痛みを和らげたり、症状自体の説明などで先々まで見据えたりしておかなければなりません。

筋肉の緊張状態が原因となってしまった場合には、施術によって緊張を緩和させる効果のあるツボを刺激することになります。鍼や灸は傷みや熱さがあるのではと思われるかもしれませんが、鍼の施術自体は痛みをまったく感じさせません。

首は少しの刺激などで機能が制限されてしまうことになります。現在であれば急に話しかけられたときのアクションが痛みによって遅れてしまうのと、なにもしていない状態でも傷みを感じてしまうなどが挙げられます。首が痛い状態のときには振り返ることが困難かもしれませんし、傷みのせいで振り向くことすらできないことも考えられるでしょう。

鍼灸では効果に期待のできるツボを刺激することで改善につなげるというものですので、単に一時的に傷みを緩和させているというわけではありません。

5. まとめ

デスクワークやスマホの使用時間の増加が首の痛みを発生しやすくしてしまっています。しかし、現代においてそれは仕方がない部分でもありますので、出てしまった痛みに関しては鍼灸施術によって改善しましょう。

現在首に痛みにお悩みの方は、「Best Body鍼灸院」で改善しませんか?初めての方も大歓迎ですのでお気軽にお問い合わせください。

無料相談・予約はコチラから

BestBody鍼灸院LINE公式アカウント 無料相談・予約ができる LINE公式アカウントはこちら! 登録で特別優待券プレゼント!

お問い合わせ TEL TEL
ページ上部へ