なぜインソールが必要なのか?

 

生活する上で自分を支えてくれている「足」

生活様式の変化などに伴い「足が使えない」人が急増しているのご存知でしょうか?

そんな使えなくなって来ている足を使う為のインソールについてお話ししていきます。

 

 

足の構造

まずは足の構造からですが、足にはいくつ骨があるかわかりますか?

 

28個もあるんです。これらが関節を形成しており、靭帯、筋肉、腱などにより出来ています。1つ1つの骨は大きくはありませんが、体重を支える為非常に頑丈な構造になっています。

また足にはアーチ構造があります。簡単に言いますと、「土踏まず」です。

母趾側のアーチが低下している「扁平足」はよく耳にされるかと思いますが、母趾側は内側縦アーチが低下している状態で言われていますが、小趾にもアーチがあり外側縦アーチ、さらに言いますと正面から見た場合での横のアーチもあります。

つまりアーチは1つではなく3つあるんです。

この3つのアーチが機能することにより、地面からの衝撃を吸収、分散、足から腰までの負担を軽減するクッションの役割をしてくれています。

また足底腱膜というものがあり足の指を上に反った場合、内側がギュッと上がって土踏まずができませんか?

この巻き上げる動作によりアーチを作ってくれています。

 

アーチの低下により引き起こされている事

このアーチが低下してきますと体に様々な変化が起きてきます。

外反母趾、開帳足、内反小趾、足底腱膜炎などの見た目や痛みでわかることもありますが、膝痛、股関節痛、腰痛、中には五十肩の原因にもなっているかと思います。

五十肩は関係ないのでは?と思われているかと思いますが、扁平足側の足の方からなられていらっしゃる方が非常に多いです。基本的に、利き腕の方の肩を痛めている確率は高いですが、「使っているからでは?」となりますしそのケースも否定できませんが、扁平足が片方起きていますと「姿勢不良」を起こしてしまいます。ほとんどの方(ほぼ全員)は利き腕側の肩の高さが低くなっていますので、すぐチェックしてみて下さい!

最近子どもさんが来られたりした際姿勢も見ております。猫背、スマホ首と言われていますが、もしではなくほぼ確実にですが、姿勢不良の原因が実は足からだと言われましたらいかがでしょう?

浮き指という状態の方が増えてきていますが、立った時に指が地面につかず「浮いて」いる状態です。そうなりますと踵体重→後ろに倒れまいと、膝を曲げ、骨盤後傾(後ろに倒れる状態)→猫背という流れで姿勢が悪くなってしまっています。

 

インソール

インソール(中敷き)は靴を買った際最初から入っていますが、実は機能性で考えますと、あまり意味はありません。先ほど申しましたように足には「アーチ構造」があります。

支えている場所が面ではなく点になったり、アーチの低下で、足が中で捻れている動きなども生まれてしまいます。そういった癖により歪みはどんどん生まれてきてしまいます。

機能性インソールを入れる事により足部の接地面の安定、足趾の機能の正常化を目的で入れさせていただいている方が多いです。

 

入れられてから良く言われる事は、足が疲れにくくなった、なんか背が伸びた気がする、スポーツ中の安定感が増したなどが多く聞かれます。

本当に?なんか怪しいと思われますが、長年施術やたくさんの方々の足や機能を見て行った際本当に使えていないんです。

履いてくださった方の意見を聞いて、私がよくいう言葉ですが、「本来インソールを入れなくてもこの機能がないとダメなんです」と。

何か特別なことをしているわけではありません。機能を正常化に向けて調整しているだけなんです。

 

当院では、フランスメーカーのSIDASというメーカーのインソールを導入しております。

今まで色々なメーカーのインソールを体感した結果たどり着きました。

インソールは柔らかいと体重に潰されて本来の機能を発揮できません。

では硬かったらいいのか?と思われがちですが、硬すぎてもやっぱりだめなんです。

足の動作を邪魔することなく機能をサポートしてくれるのが、SIDASインソールの特徴です。

初めて入れた場合、スッと馴染んでよくわからないと言われるケースがあります。本来の正しく動くと言うことが自然になるからではないかと思います。

ですので少し意地悪ですが、元のインソールに戻してみたら、違いがはっきりとわかります。

また細かすぎると思いますが、靴選び、正しいサイズの計測、靴紐の結び方をする事により今まで感じたことのない感覚を手に入れることができます。

 

 

足型を取りご自身の足にフィットする1足をお作りしております!

ぜひ1度体感していただければと思います!

 

初心者の方でも無理なくトレーニングに取り組んでみたい方は、ぜひともくまジムへ

 パーソナルトレーニングはこちら

https://www.kumaseikotsuin.com/contents/category/gym/

お身体に不調がある方はBest Body鍼灸院までご相談ください。

Best Body鍼灸院はこちら

https://www.kumaseikotsuin.com/contents/category/clinic/

お問い合わせ TEL TEL
ページ上部へ