片頭痛について考える

暖かいというより暑くなって来ましたが、体調の方はいかがでしょうか?

施術をしていましても片頭痛が、、、

というお声をたくさん聞きますので、片頭痛についてお話ししていきたいと思います。

 

[片頭痛]は血管が、拡張することにより、ズキズキと脈が拍動するように痛みが出てきます。

出る場所は個人差がありますが、こめかみ、目の奥などに痛みの訴えをされる方が多いですが、側頭部もよく痛みの範囲では聞きます。

また片方であったり、両方であったり様々です。

片頭痛は20〜40代の女性多いとと言われていますが男性でも起こります。

女性の場合、初潮を迎える年代頃から症状が出始めます。女性ホルモンの変動により引き起こされていると考えられています。また月経前症候群(PMS)がある方も症状の訴えが多いように感じます。

男性も多くみられ、これは男性、女性の共通する部分ですが、[ストレス]、[肩こり]などでなるとよく聞かれますが、その他でもタバコ、アルコール、寝不足もそうですが寝過ぎ、誘発されてしまうものは食品までもが関与してきます。

 

食材に関しまして、赤ワインなどに入っている「ポリフェノール」は片頭痛を誘発すると言われています。

ただし人それぞれ個人差があると思いますので、食事をメモしていき食事と頭痛の関係をチェックしてみるのはお勧めです!

 

頭痛予防に積極的に取っていきたい栄養素がありまして、

[マグネシウム]:マグネシウムはナッツ類に多く含まれています。その中でも意外にカボチャの種に多く含まれています。そのほかですとバジル、あおさ、青のり、ひじき、ごま、アーモンドなどがあります。

マグネシウムは精神を安定させる別名「幸せホルモン」と言われる[セロトニン]などの脳内ホルモンに関与しています。

体内では50〜60%が骨や歯に、40%は筋肉や脳に分布されています。

ですのでよく足が攣る方はさらに必見で、足の痙攣などが起こる方は不足している可能性が高いです。

[ビタミンB2]:魚介類、肉類、藻類、豆類、乳類、卵類、野菜類、果実類に多く含まれれている食材になります。

不足してしまった場合、皮膚や粘膜の機能を正常に保てない為、[口内炎]、[口角炎]、[舌炎]、[脂漏性皮膚炎]、[角膜炎]などを引き起こしてしまいます。

また成長期の子供さんですと、[成長障害]を引き起こしてしまいます。子供さんはエネルギー消費が多いため、消費量が多い方ほど積極的に摂っていっていただければと思います。

 

おすすめの食べ方は、「サバの味噌煮」です!これで両方をしっかり摂取できます。

その他ですと、玄米、納豆、ほうれん草などもどちらも含んでいる食材になりますので参考にしていただけたらと思います。

次は[対処法]についてお話しいたします。

片頭痛は血管が「拡張」して痛みが出ますので、脈打つように痛む場所を冷やしてみて下さい。

※長時間冷やすと低温やけどになってしまいますので、ティッシュ(1〜2枚)を間に入れて、10〜15分ほどしてみて下さい。

※逆にぎゅうっと締め付ける頭痛(緊張方頭痛)の場合は、温めるのが正解ですので、症状や、ひどくなる場合対処が逆になる為お気をつけ下さい!

 

[アキュゾーンセラピー]:鍼灸

当院では、アキュゾーンセラピーという手技による鍼灸施術もございます。

鍼灸でどうなるの?と思われるかもしれません。

アキュゾーンセラピーは改善に向けて経絡の調整をしていきます。

経絡と言われるとなんか怪しいと思いますが、、、

電車(大阪の路線)で例えてご説明しますと、

路線がスムーズに運行している状態=健康

遅延や事故で滞っている状態=不調と捉えており、どの路線(経絡の流れ)が滞っているのか?

そしてその滞っている路線の流れをよくする為の、部隊がある場所が「ツボ」になります。

腹診、背部診、頚部などにどの路線が滞っているのかの反応が出てきます。

そこから施術する経絡の決定、施術という順に行い、運行状態を良くしていきます。

一人一人生活環境、体質で同じケースはありませんし、「前は痛かった場所が違うところになっている」なんてこともあります。

ですので頭が痛いのに足や手に針をする事が多いです。「つながってるんやねぇ」とよくいわれます。痛いところに刺すのではなく、反応点に対してのツボ選びになりますのでしてみようかと思われた方は戸惑わないようお願い致します!

 

本日は食材についても書かせていただきましたが、日々食べるというのは動物全ての基本になりますので、日々の食べるもの、ご自身での誘発物質があるかもしれませんので、1度チェックしてみて下さい!

また鍼灸におきましてもどうしても症状が良くならなかったり、薬に依存し過ぎたくないなどのお悩みがありましたらお気軽にお問い合わせください!

 

 

 

初心者の方でも無理なくトレーニングに取り組んでみたい方は、ぜひともくまジムへ

 パーソナルトレーニングはこちら

https://www.kumaseikotsuin.com/contents/category/gym/

お身体に不調がある方はBest Body鍼灸院までご相談ください。

Best Body鍼灸院はこちら

https://www.kumaseikotsuin.com/contents/category/clinic/

お問い合わせ TEL TEL
ページ上部へ