野球に必要な筋力トレーニング


 

今よりもっと野球がうまくなりたい。

レライバルに勝ってギュラーをつかみ取りたい。

試合で活躍したい。

もっと強くなるためにトレーニングを行いたいがどうやればいいかわからない。

今回はそんな疑問を解決していきます。

 

1.これをやれば完璧はない

まずはじめにこれだけをやれば100%上達するというトレーニングはないということをお伝えします。

またこのトレーニングは良いといわれたからやっている。プロ野球選手がやっているからとりあえずやっているという理由でトレーニングを行うことも避けたほうがいいでしょう。

大切なことはこのトレーニングは何を目的に何のために行っているのかをしっかり理解して実践することが大切です。

 

2.障害予防でのトレーニング

 スポーツをする選手にとってまず避けたいものは怪我です。接触などのアクシデントによる傷害は仕方ない部分もあるかもしれませんが肩や肘の投球障害は避けたいものです。

肩の投球障害予防のトレーニングとしては肩のインナーマッスルと呼ばれるローテーターカフ(回旋筋腱板)のトレーニングが大切です。このローテーターカフは棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋から構成されており動作時に上腕を正しい位置に維持してくれる役割を果たしてくれます。

このローテーターカフが働かなければ腕の骨は正しい位置に維持されずに動いてしまいますので投球障害の要因になってしまいます。

このローテーターカフを鍛えるためにはやわらかいゴムチューブなどを用いて行います。

※詳しい動作などはLINE公式アカウント・お電話でご連絡ください。

障害予防として大切なことは身体の柔軟性を保つためにストレッチが必要です。

最近は身体のかたい選手が多いように感じます。怪我をしない身体づくりのためにもストレッチもトレーニングの一環として毎日のお風呂上りなど習慣にして取り組んでいきましょう。

 

3.身体の土台をつくるトレーニング

技術を高めたいのならスキル練習(実際の技術練習)をやることが一番ですが、その土台である自分の身体が今より強い力を発揮できるようになればさらにレベルアップするような気がしませんか?

皆さんが思うような筋トレはスポーツを行う身体の土台作りに当てはまります。

要はエンジンを大きくするようなイメージです。

ではどこを鍛えたらよいのでしょうか?インターネットなどを見ると野球に必要なのは○○筋、○○筋、○○筋のように限定して書かれていることもありますが、

大切なことはバランスよく全体を鍛えることが大切だと思っています。スポーツの動きは身体全身の動きです。一つの部位に限って限定的に鍛えてしまっては身体のバランスが崩れる原因にもつながってしまいます。

トレーニングの原則にも全面性の原則とあるように野球選手だからこれだけしかやらないという考えではなくぜんしんをしっかり鍛えて行くことがパフォーマンス向上につながると思います。

何から始めたらよいかわからない方はまずはトレーニングの基本のBIG3(スクワット・デッドリフト・ベンチプレス)から始めてみるのもいいと思います。

また身体の土台をつくるトレーニングの最大の目的は筋肉を大きくする筋肥大ということを忘れてはいけません。

 

 

4.全身の連動でパワーを生み出すトレーニング

 先ほどの筋肥大を目的にしたトレーニングで身体の土台が出来上がってくれば次は全身を連動させて強い力を発揮させるスキルトレーニングを行います。

このスキルトレーニングを行うことで全身の筋肉が競技用になっていくとイメージしてもらえればいいでしょう。

ここで最もポピュラーなのがプライオメトリクストレーニングです。筋肉には早く伸ばされると縮むと反射が起こりますその反射をうまく使い力を発揮するというSSC(身長ー短縮サイクル)というものがあります。しゃがんだ状態からジャンプするより立った状態からしゃがんでジャンプしたほうが高く飛べると思いますがこれがSSCです。

このように土台を鍛えた後は力発揮スキルをトレーニングします。

これはジャンプ系のトレーニングやメディシンボールなどを用いて行うことが一般的です。

イメージは正しい動作で・早く・強くです。

 

 

5.そしてスキルトレーニング

障害予防のトレーニングを行い、土台を作り、力発揮のスキルもトレーニングしここで最も重要なのがスキルトレーニング(実際の技術練習)です。

なんといっても野球がうまくなるためには技術練習が大切です。

このように様々なトレーニングがありますがすべてつながっています。

今自分はどの能力を向上させたいのか?

このトレーニングは障害予防のトレーニングなのか土台作りなのか、力発揮のスキルトレーニングなのか、しっかりと理解して取り組んでいくことが最も大切なことだと感じます。

 

7. まとめ


今回は野球のトレーニングについて解説しました。

大切なことは何のためにトレーニングを行うのかということです。

頑張れば必ず結果はついてくる、しかしトレーニングはツラくさらに継続して行う必要があります。

「くまジム・Best Body鍼灸院」では、個人にあわせたトレーニングを提供しています。1人ではなかなか続かない筋トレもパーソナルで行えば楽しく継続ができると思います。さらに目標に最適なプログラムを設定することで最大限まで効果を高めるトレーニングを行いませんか?

 

 

 

スポーツトレーニングに取り組んでみたい方は、ぜひともくまジムへ

 スポーツトレーニングはこちら

https://www.kumaseikotsuin.com/contents/category/gym/

お身体に不調がある方はBest Body鍼灸院までご相談ください。

Best Body鍼灸院はこちら

https://www.kumaseikotsuin.com/contents/category/clinic/

お問い合わせ TEL TEL
ページ上部へ